2005年03月30日

学歴について語る

 私はディベート番組が好きで、政治家がやったり、タレントがやったり、学生がやったりしているのをちょくちょく見るのですが、良く「学歴は必要か」はテーマになっていると思います。これについてちょっと語ってみます。

 まず、高校受験を終えただけですが、ひとまず「受験」というものを知った私の意見ですが、努力できる人間、および効果的な勉強の仕方がしっかりわかっている人間は上位校に受かっています。つまり、上位校には努力家あるいは要領のいい人間が多い、ということです。大学になれば更に分化していくでしょう。有名大学には超努力家か、超要領がいい人間か、あるいはその両方かがかなりの濃度でいるはずです。企業がそういう人たちを必要としているのなら、そこを出た人間を採用してもおかしくありません。

 さらに、有名高校、有名大学。東大、京大や一橋、早稲田、慶応などの「超難関大学」を目指す人たちがいるのは学歴にハクつけるため(だけ)ですか?学校というのは勉強をするところです。決して、履歴書に「○○高校、××大学」と書くための許可証を取りに行くところではありません。なぜ、ある人は経営学部を目指し、ある人は農学部を目指すのか。ここで「入りやすいから」という輩がいるから最近、「学歴不必要」論が出てくるのではないでしょうか?

 将来サッカー選手になりたいからとある強豪高校のサッカー部に入り、厳しい元全日本選手のコーチの下で猛練習を重ね、各中学校のエース級が揃った中でレギュラー争いをし、何とかレギュラーを勝ち取った後、ついに全国優勝を果たしてプロになった人に、「別に強豪サッカー部でなくても良かったんじゃない?」というのはおかしいはずです。厳しいコーチ、強い仲間なくしてはプロに通用するレベルまで自分を持ち上げることはできなかったはずです。他力本願、ということを言いたいわけではありません。彼は、サッカー選手になるために自ら厳しい道を選んだのです。

 確かに、独力でも自分を完成させてしまう「天才」もいるでしょう。しかし、良い環境の中で開花する人も多いことは確かです。このたとえ話の中ではそれは「とある強豪高校のサッカー部」であり、世界一の経営者を目指す人には「有名大学経営学部」であり、世界一のエンジニアを目指す人には「有名大学工学部」なのでしょう。「就職に有利だから」という理由で大学を目指す人は「研究がしたいから」「勉強したいから」「自分を鍛えたいから」といって目指す人に失礼ではないでしょうか?

 良い環境の中、本気で勉強すれば必ず能力は身につきます。しかし、良い環境に入ったはいいがちっとも勉強せず、大学の名前だけもらってしまう羊頭狗肉な人間が今、大学の名前を崩しています。有名大学を出た人間を評価するのはそんなにおかしいことではないと思います。ただし、たまに羊頭狗肉なはずれくじをひくことにご注意を。

(ちなみに私の夢は起業することです)
posted by シュンヤ at 17:50| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

シュンヤの考える世界

 こういうことを書くのはもっと早かった方がよかったのかもしれません。シュンヤは世界中のほとんどの国が大好きです。韓国、小憎たらしいところはあるけれど、日本のいい友人になれたらいいと思います。中国、なんかコトあるごとに日本を批判しているような気がするけれど、エネルギッシュで、これからどんどん洗練された良い国になっていくと思います。アメリカ、ガタイが大きく、ケンカ好きで怖いところもあるけど、いざというときは頼りになると思います。シュンヤが嫌いなのはイスラエル、パレスチナ(両国最近ちょっと見直しましたが)。北朝鮮やアフリカの未だ内戦を続けている国達ぐらいです。

 したがって、私の中国・韓国に対する見方は非常に甘いです。自分でも甘いと思います。指摘を受けるともうちょっと辛く評価したほうがいいのかな、と思います。その辺、これからも「少年シュンヤの叫び」を読み続ける方はご理解ください。現在続いている反日の思想だって、もうちょっと時が経てば角が取れると思いますし、日本から歩み寄れば、評価するべき点は評価されると思います。中国・韓国だって、どんどん先進国化してきているんですから。偏っている考えをしていては、周辺諸国からの尊敬も得られないでしょう。名誉のために、自尊心のために、自分自身の利益のためにも不当な反日思想は消えていくと思います。

 アメリカだって、誇り高く、頼りになる国だと思います。もしも北朝鮮が日本に攻めてくれば、必ず助けてくれるでしょう(100%日本のために、というわけではないでしょうが)。ちょっとかなり自己中心的で、自分のしていることが正しい、と信じすぎているところはありますが、非常に強い信念を持った国、非常に強い信念を持った国民を持つ国だと思います。国の政策がおかしいと思えば躊躇なくデモを行い、警鐘を鳴らします。あるときはデモ行進によって、あるときはホワイトハウスの前で叫び続け、あるときは新聞に投書することによって。新聞の投書欄は日本に比べ、はるかに活発だと聞きます。見習うべきはいくつもあるはずなのに、アメリカキライの一言で世界ナンバー1の地位にいる国を否定するのはおかしいでしょう。なぜ、ナンバー1の地位にいるのか。なぜ、あんなにも"暴君"アメリカと行動を共にする国がいるのか。結論が出ていない私が言うのもなんですが、GDP世界第二位についた今でも、見習う余地はあるはずです

 キムチ、炒飯、ステーキ、フォンデュ。野球やサッカー、バスケ。F1やインディ、WRC。ロビンソン漂流記、ああ無情、ハリー=ポッター。外国文化は私達の生活に大きな夢を与えてくれました。どうしても私にはこれらの国を全否定することはできません。日本だって、マンガやジャパニメーション、スシといった文化を外国へ伝えています。甘いかもしれませんが、悪いところを叩きまくるだけでなく、良いところにも目を向けてみませんか?
posted by シュンヤ at 22:33| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靖国神社参拝について

 終戦記念日や、その周辺の日に歴代総理はたびたび靖国神社を参拝しています。戦争の惨禍を思い、平和な国を作る決意を示す。このことについては大賛成なのですが、平和を想う行為によって近隣諸国と火花が散ってはやっぱりまずいのではないでしょうか?

 極東の国々では靖国神社の問題を「第二次世界大戦肯定」のしるしと受け止め、沖縄などからも非難が上がっています。僕は「靖国神社」に参拝することは誤解を受けてまで強行するべきことか、と思います。

 個人的には、目的からすれば(ちょっと遠いけど)原爆ドームへ行ったり、平和な世界を作るためのミーティングをしたりしてもいいと思います。理解を得られないまま参拝を続けるのはやっぱりまずいと思います。参拝を続けるにしても、一旦原爆ドームなどに切り替えて見せれば、第二次世界大戦の肯定ではないということアピールできると思います。

 靖国神社は東京にあり、たしかに参拝に時間はかからないでしょう。しかし、ココはあまり時間を惜しむべきではないと思います。けっこう重要なポイントだと思いますから。靖国参拝に反対している国の大使達なども連れて原爆ドームへ行けば、じっくりいままで靖国に参拝してきたのは平和を願うためだ、と説得力のある説明ができるでしょう。

 第二次世界大戦の犠牲となった戦没者たちだって、再び戦争の火種が生じることをのぞまないと思います。近隣諸国との関係が悪化することは戦争への千里の道の一歩目です。平和、というのは戦争がないというだけの状態ではなく、諸国が友好を保ち、世界中の人々が充実した生活をおくれることではないでしょうか?

 ひとまず、常任理事国入りの件も控えていることですし、今年の靖国参拝は原爆ドームに切り替えたらいいな、と思います。(そのころには決着がついているかもしれませんが)

posted by シュンヤ at 00:34| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

日本国憲法のはなし

 最近、変革が叫ばれている日本国憲法。私も変えることには大賛成ですね。

 一番大きな理由は、現代日本人の感覚に合わない部分が大きくなってきていること。また、国際協力の際にたびたび憲法が足枷になってしまうことだと思います60年も前に作られた憲法が現代人の感覚と合致しないことは当然ですし、憲法が作られた当時は日本がここまでの経済大国になることなど想像もされていなかったのではないでしょうか?

 憲法は、国の最高法規です。一番重要な法がムリヤリ解釈するなどしてツギハギしながら進まなければならない今の状況はやっぱりマズいと思います。手間を惜しまず、現代・未来をしっかりと見据えたモノを作るべきだと思います。

 私は「平和主義」は日本国憲法の中で最も素晴らしい信条だと思っています。しかし、これを徹底するあまりに苦しんでいる人の救済や、自衛権まで中途半端になってしまうのはどうかと思います。

 また、公務員もあまりに怠慢なヤツはクビにする、とはっきり明記した方がいいのではないでしょうか?安定した仕事先として職業に公務員を選びたいというヤツは私の周りにもたくさんいます。とはいっても、圧力を受けてクビになる公務員が出てきてはやっぱり困りますので、その辺が上手くこなせるような憲法にならないとマズいですね。

 昨日や一昨日は祖母宅へ行っていたので更新できませんでした。すみません。今日はこんなところでしょうか。ご意見、ご指摘があればコメントにお寄せください。それでは。
posted by シュンヤ at 09:10| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ライブドアVSフジA

 ひとまず、ニッポン放送はライブドアの傘下に入りました。もう、ニッポン放送はフジサンケイグループに残ることはできないわけです。
 しかし、新しいニュースがヤフーに出ていました。フジテレビとニッポン放送、それに孫正義率いるソフトバンクが手を組んだというのです。ニッポン放送の株をソフトバンクに貸し出すことで、ライブドアがフジテレビの経営に口を挟むことを防ぐ策を取りました。
 なんか、どうなるかわかりませんね。ホリエモンの四次元ポケットから何が飛び出すかを楽しみに待っています。イチ、野次馬として
 しかし、地裁、高裁ともに経営権確保のために色々工作することをアウトと判定したのに、今度の貸出は認められるでしょうか?きわどい………。


 さて、話は少し変わりますが、昨日のニッポン放送亀渕社長の記者会見。彼はこんなことをおっしゃいました。
「ライブドアの時間外取引は、裁判所は法律的に問題ないと判断されましたが、私としては、やはりすれすれの行為であると思います。」

ふ、フジとニッポン放送のやったことはアウトと判定されたんじゃ……


 もう少し、話は変わりますがホリエモンのちょっと前の記者会見。フジテレビを買収する気はあるのかと聞かれて……

「妄想。妄想。妄想ですって。だから何回言わせれば気が済むんですか。妄想です。妄想。」

これと

「想定内の出来事」

流行語大賞狙えるんじゃないかなァ、と思ったり。
posted by シュンヤ at 21:10| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

ライブドアVSフジ

 関係者には野次馬みたいで失礼なのですが、この勝負の結末を大変楽しみに日々新聞を読んでおります、シュンヤです。当然、どうなるかなんて予想できません。結構、ライブドアはニッポン放送を買収できずに終わるんじゃないか、などとも思っておりました。
 「どうなるか」は他のブログに任せ、ここでは「どうなってほしいか」を取り上げてみたいと思います。

●ホリエモンは面白いラジオ番組を創れるか。
 私はYESだと思います。経営の合理化はホリエモンの得意技。また、プロ野球に参入しようとしたり、ラジオ局を買収したりと新しいコトにチャレンジする意欲は旺盛です。また、新生ニッポン放送は「堀江貴文」というタレントの全面協力を得ることができます。
 しかし、ライブドアのポータルを見ていると不安になりますね。ご覧になれば違いがわかると思いますが、やはり記事の質がよくないです。ヤフーと比べると。記事を書く人間のレベルがやはりヤフーより劣るのでしょう。記事の公正さもちょっと……という感じです。ニッポン放送のラジオ番組もこんな感じになるのは、という気もしてきますね。
 ホリエモンがニッポン放送を面白くできるなら、我々にとっては買収バンザイ!逆につまらなくなるならブーイングの嵐となるわけですが。個人的には7:3ぐらいで面白くなるかなぁ、という感じですか。

●ラジオとインターネットの融合は成功するか。
 けっこう、融合の余地はあるのではないかと思います。例えば、以前「報道ステーション」に堀江社長が出てきたときに「この番組内では時間が限られているから、全ては伝えきれない。もっと詳しいことを知りたければライブドアで所信表明をやっているから見に来て欲しい」みたいなことを言っていました。これは実現すればワイドかつディープな報道ができると思います。テレビやラジオでリード記事のような感じでニュースを報道し、興味を引きつけてインターネットで更に深く調べ上げたものを見てもらう。弱点を相互に補っている関係です。
 他にもいろいろ融合の仕方はあると思います。ラジオとインターネットの融合はちゃんと成り立つと思います。


●まとめ
 と、いうわけで。私はライブドアがニッポン放送を買収したことは我々にとってプラスに働くのではないかと見ています。まあ、一般人の私見なので至らぬところも多い考えですが、批判、補足するべき点があれば容赦なく言ってください。では、今後とも「少年シュンヤの叫び」をよろしくお願いします。

 
posted by シュンヤ at 21:16| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドアVSフジ

 関係者には野次馬みたいで失礼なのですが、この勝負の結末を大変楽しみに日々新聞を読んでおります、シュンヤです。当然、どうなるかなんて予想できません。結構、ライブドアはニッポン放送を買収できずに終わるんじゃないか、などとも思っておりました。
 「どうなるか」は他のブログに任せ、ここでは「どうなってほしいか」を取り上げてみたいと思います。

●ホリエモンは面白いラジオ番組を創れるか。
 私はYESだと思います。経営の合理化はホリエモンの得意技。また、プロ野球に参入しようとしたり、ラジオ局を買収したりと新しいコトにチャレンジする意欲は旺盛です。また、新生ニッポン放送は「堀江貴文」というタレントの全面協力を得ることができます。
 しかし、ライブドアのポータルを見ていると不安になりますね。ご覧になれば違いがわかると思いますが、やはり記事の質がよくないです。ヤフーと比べると。記事を書く人間のレベルがやはりヤフーより劣るのでしょう。記事の公正さもちょっと……という感じです。ニッポン放送のラジオ番組もこんな感じになるのは、という気もしてきますね。
 ホリエモンがニッポン放送を面白くできるなら、我々にとっては買収バンザイ!逆につまらなくなるならブーイングの嵐となるわけですが。個人的には7:3ぐらいで面白くなるかなぁ、という感じですか。

●ラジオとインターネットの融合は成功するか。
 けっこう、融合の余地はあるのではないかと思います。例えば、以前「報道ステーション」に堀江社長が出てきたときに「この番組内では時間が限られているから、全ては伝えきれない。もっと詳しいことを知りたければライブドアで所信表明をやっているから見に来て欲しい」みたいなことを言っていました。これは実現すればワイドかつディープな報道ができると思います。テレビやラジオでリード記事のような感じでニュースを報道し、興味を引きつけてインターネットで更に深く調べ上げたものを見てもらう。弱点を相互に補っている関係です。
 他にもいろいろ融合の仕方はあると思います。ラジオとインターネットの融合はちゃんと成り立つと思います。


●まとめ
 と、いうわけで。私はライブドアがニッポン放送を買収したことは我々にとってプラスに働くのではないかと見ています。まあ、一般人の私見なので至らぬところも多い考えですが、批判、補足するべき点があれば容赦なく言ってください。では、今後とも「少年シュンヤの叫び」をよろしくお願いします。

 
★ 謝罪
何故かわからないけど、連続投稿みたいな感じになってしまいました。3つ投稿してしまったうち、2つの記事に別々にトラックバックをつけてくださった方がいらっしゃったので、トラックバックがついている記事は残させていただきました。ブログ初心者なシュンヤをよろしくお願いしますm(_)m。
posted by シュンヤ at 21:13| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

メディアに言いたい

 ウチが取っているのは読売新聞です。まあ、多分読売新聞に限ったことではないと思うんですが、なんっか……結構……偏ってるんですよね

 例@。ライブドアVSフジテレビの対決。とりあえずライブドア支持。理由は時間外取引は合法(道義的な問題はヌキにして)だけど、新株予約権の発行は違法だと思ってるから。実際、東京地裁ではそう判決が下りました。
 テレビなどではライブドアを擁護する専門家も結構います。しかし……読売新聞を見ていると、フジテレビの味方をする専門家ばっかし出ているんですよ。正直、公平な報道とは思えません。コラムなどもホリエモンを叩くものが多いような気がするのは気のせいでしょうか?
 ホリエモンが既存メディアに散々文句をつけているので現場から反感を買っているというのもわかりますが。

 例A。竹島問題についてです。僕は以前、竹島問題については、「竹島の辺りに資源が出てきたので韓国が自分のものだとわがままをぬかしている」という風に理解しておりました。いえ、その程度にしか理解しておりませんでした。そのとおりだ、と思っている皆さん。
ちょいまち
 メディアよ、韓国の言い分ももっと報道するべきじゃないですか?最近、確か報道ステーションを見てて知ったのですが、韓国の
「日本が韓国を植民地化していたころに領土と定めた場所で、韓国は自国の領土と主張したかったが主張できなかった」
という主張も報道するべきではないですか?意図して報道しなかったのであればこれは韓国に対する名誉毀損です。だからといって竹島譲れというわけではありませんが。
 僕の知りうる限り、メディアは今までこのことをほとんど取り上げませんでした。竹島問題の報道はかなり前から始まっているのに、最近の報道ステーションを見るまでは韓国の主張を正しく理解していなかったのです。正直、自分にも腹が立ちます。韓国だって立派な先進国。支離滅裂なことを連打するような北の国とは違うのに

 他にも小さいことでは色々あるのですが、大きいことではこの2つ。このブログを見ている報道関係者が居れば参考にしていただければ幸いです。



○3/22訂正記事
 勉強不足のようでした。ゴメンナサイ。m(_)m

 竹島問題について報道されていないのは韓国の主張だけではない、との意見をいただきました。調べてみると、そのとおりのようですね。メディアは公平であるべきだ、という主張をするなら日本側の主張も書くべきでした。ゴメンナサイ。深くお詫び申し上げます。
 内容についてはコメントの方が詳しいので、そちらを参照してくださいませ。こういったことも報道されるべきだと思いますので。

posted by シュンヤ at 10:23| 兵庫 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

開設にあたり

言いたいことは山ほどあります。
言いたい相手も山ほどいます。

子供、というのは税金をあまり払っておらず、アタマも悪いと思われているために発言権が弱い。しかし、そのせいで将来のコトを見据えぬ政策・計画がズカズカと成り立っています。こんなことでいいのか、日本の未成年者ども!ってなわけで、ブログ『少年シュンヤの叫び』を開設いたします。管理人はシュンヤ。高校合格が決まった現在中学生です。

なんかやたらとマジメに終わっちゃいましたが(汗)、いつもこのペースで続けるつもりはございません。その辺も踏まえて今後ともよろしくお願いします。
posted by シュンヤ at 23:50| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。