2005年04月01日

人権擁護法案について語る

私の意見もNOです。

 すでにご存知の方も多いと思いますが、今、人権擁護法案なる法案が国会で審議されています。新聞やテレビではそれほど大きく扱っていないので、知らない方もいらっしゃるでしょうが、インターネットで創作活動を行っている人たち(ブロガー、ライター、イラストレーター、ゲームクリエイターその他)はぜひ知っておくべき問題です。

 以下に、人権擁護法案に関するサイトのリンクを貼っておきます。
人権擁護法案(仮称)の大綱について(人権擁護局)
人権擁護法案に関するQ&A(人権擁護局)
人権擁護(言論弾圧)法案反対!(反対派)

 ひとまずこれらを一読してください。人権委員会という信用できない団体が令状もなしに家宅捜索したり、創作物の改訂を要求してきたりするわけです。正当な反論や問題提起でも改訂・削除要求される可能性があるわけです。人権委員会がそんなことするわけない、と言う方もいますが、重ねて言います。私は人権委員会を信用できません。

 人権を保護する。それは当然のことですし、反論する人もいないでしょう。しかし、政府を信用できない人がたくさんいる中(選挙にも行かない人が言うのはどうかと思いますが)で、人権委員会という強力な権力を持つ団体を望む人がいるでしょうか?多くの人が言論弾圧の恐れを抱いています。

 この法案を強引に可決しようとすれば、インターネットを通じて自分の創作物を出している人達はおそらく黙っていないでしょう。現在の政治体制は大きく揺るぐと思います。もしも、この法案が民主+公明+自民推進派などの手によって可決された場合、次回の選挙ではネットの住人たちの手によって投票率が大きくあがり、法案反対派の共産党などが大躍進するでしょう(私は共産党もあまり好きでないのでこの結末は望みませんが)。代議士の方々、思いとどまるようにお願い申し上げます。



posted by シュンヤ at 19:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。