2005年04月13日

「Free」を語る

 私たちの生活はインターネット無しには成り立たなくなりつつあります。今日は、二十一世紀の文明の利器の象徴、「インターネット」について語ってみます。

 インターネットは元々、どこかの軍隊(多分アメリカ)がすばやい情報連絡網として作り始めたと言います。そして、その技術・アイディアが公表されると、インターネットは世界を席巻しました。2005年現在、ケータイを使えばいつでもどこでもインターネットを利用することができますし(電波が届かないところは・・・というツッコミはなし)、スーパーマーケットやデパート、弁当屋、学校、塾、様々な場所でインターネットは欠かせない存在となっています。

 インターネットは文化を生みました。新聞・雑誌投稿あるいは自費出版するしか、アマチュアが文章を公表する手段はなかったでしょう。しかし、今となってはタダで、多くの人に自分の書いた文章を読んでもらえます。自分の考えを伝えられます。今までは非常に少人数で、コンピュータ相手が中心だったゲームが、インターネットと繋がることでネットRPG、ネットSLGなどといった人対人のやり取りを中心したものへと変化しました。

 インターネットによる変革は急速に進みました。そして、今も進んでいます。インターネットは多くのものを「Free」にしました。私は、このフリーという言葉こそがインターネット文化の象徴だと思います。タダでセミプロ級のアマチュアが作った文章を読むことができ、音楽を聴くことができます。高い金を出して求めていたものが、フリーで入手できるようになりました。

 もちろん、著作権法は犯すべきではありません。著作物は著作者の意向をもとに利用するべきものです(まあ、もうそろそろ著作権法を大改革しないとヤバいことが起こりそうですが)。しかし、「Free」の文化は潰して欲しくない。私は、この「Free」の世界が大好きです。
posted by シュンヤ at 18:01| 兵庫 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。