2005年03月24日

ライブドアVSフジA

 ひとまず、ニッポン放送はライブドアの傘下に入りました。もう、ニッポン放送はフジサンケイグループに残ることはできないわけです。
 しかし、新しいニュースがヤフーに出ていました。フジテレビとニッポン放送、それに孫正義率いるソフトバンクが手を組んだというのです。ニッポン放送の株をソフトバンクに貸し出すことで、ライブドアがフジテレビの経営に口を挟むことを防ぐ策を取りました。
 なんか、どうなるかわかりませんね。ホリエモンの四次元ポケットから何が飛び出すかを楽しみに待っています。イチ、野次馬として
 しかし、地裁、高裁ともに経営権確保のために色々工作することをアウトと判定したのに、今度の貸出は認められるでしょうか?きわどい………。


 さて、話は少し変わりますが、昨日のニッポン放送亀渕社長の記者会見。彼はこんなことをおっしゃいました。
「ライブドアの時間外取引は、裁判所は法律的に問題ないと判断されましたが、私としては、やはりすれすれの行為であると思います。」

ふ、フジとニッポン放送のやったことはアウトと判定されたんじゃ……


 もう少し、話は変わりますがホリエモンのちょっと前の記者会見。フジテレビを買収する気はあるのかと聞かれて……

「妄想。妄想。妄想ですって。だから何回言わせれば気が済むんですか。妄想です。妄想。」

これと

「想定内の出来事」

流行語大賞狙えるんじゃないかなァ、と思ったり。
posted by シュンヤ at 21:10| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時間外取引での企業買収が合法なら、TOBは機能しなくなります。法律を早急に整備すべきですね。

企業倫理の面では、どっちもどっちじゃないですか。
ニッポン放送の対抗策は暴走でしたが、ライブドアの時間外取引も“すれすれの行為”だと思います。ニッポン放送株の大量株買付けが成功したのは、ライブドアがインサイダー情報を得ていたからでしょう。疑惑では罰せないものの状況証拠は真っ黒(違法)です。
そもそも、偶然の大量株売り(偶然でなければ違法)に備えて800億円もの借金をする企業があるとは思えません。仮にあっても、そんな無謀な事業計画に金融会社が融資するはずはない。ライブドアと融資先の金融会社には、株式取得に関して事前に何らかの合意があった(合意があれば違法)とみるのが自然でしょう。
“すれすれの行為”だとの亀渕社長発言は適切だったと思いますよ。
Posted by syana at 2005年03月28日 16:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フジ vs Livedoorの行方 其の参
Excerpt: ニッポン放送株の新株予約権発行差し止めが決まり、ホリエモンに形勢が傾きかけたころ
Weblog: 蟋蟀三世 +kirigirisu 3rd+
Tracked: 2005-03-24 21:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。