2005年04月07日

「脳死は人の死」法案について語る

 HOTなニュースです。ホームページに登録しているヤフーのニュースを覗いていたらこんなものを発見してしまいました。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/organ_transplant/?1112837750

 私も、この法案の考え方については賛成です。実現すれば多くの生命が助かる。また、遺族の同意だけで臓器提供ができるなら小児の臓器が移植できる希望も見えてくる。しかし、これはかなり劇薬的な法律です。

 例えば、ある大学病院に不道徳な教授がいたとします。その大学病院には非常に重体の患者が入院していました。意識不明ではありますが、脳死ではありません。そんなときに、臓器提供が必要な患者の家族が不道徳な教授にカネを積んだら、その重体の患者はされてしまう、というようなコトも考えられそうです。(臓器移植をする相手を指定することができるのかはわかりませんが)

 下手な人間がこの法律を作って穴だらけにされてはたまったもんじゃありません。ぜひ、知恵を絞って抜け穴のない最良のモノを作っていただきたい、と思います。
posted by シュンヤ at 11:11| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。